スマホの普及によりネット取引はスマホで行うという方が増加傾向にあります。

スマホでできるお手軽投資のまとめサイトのヘッダー

現代のネット取引はスマホが主流!?スマホでできる投資の種類

元々は、ネット取引と言えばパソコンを使用するのが通常でしたが、現在ではスマホを使う方が増えてきています。スマホでできる投資には、株式投資、不動産投資、ソーシャルレンディングなどがあります。

スマホでできる投資の種類

投資の世界に大きな変化をもたらしたものと言えば、やはり何と言っても「インターネットの登場」でしょう。
現在ではほとんどの方がパソコンを使ってネット取引を行っており、この傾向がさらに強くなっていくものと思われます。
例えば、スマホを使った投資は今までになかった手法です。

 

 

パソコンからスマホへ

かつてはネット取引と言えばパソコンを使用するのが当たり前でした。
もちろん現在も多くの方がパソコンでネット取引を行っているかと思われます。
しかし、ここ数年でスマホが爆発的に普及したことで投資ができる環境がより整い、専門家だけでなく一般の方も多く参入するようになりました。

 

ただし、パソコンと違ってスマホでの投資はまだ始まったばかりですので、サービスの行き届いていない点が多々あります。
このような部分に関しては今後の改善に期待したいです。

 

 

スマホではどんな投資ができるのか?

スマホで投資ができるというのは今ではある意味で常識になっていますが、実際にどのような投資ができるのかをご存知の方はあまり多くはありません。
そこで、ここからはスマホでできる投資の種類について紹介していきたいと思います。

 

株式投資

スマホで株式投資イメージ

ネット取引の代表格とも言える株式投資はスマホでも行うことができます
現在、各証券会社ではスマートフォンの専用サイトやスマホアプリがありますので、これを使えばスマホで株式投資をすることが可能になります。
証券会社に口座を開設することで、いろいろなツールを利用することができます。
口座の開設費及び維持費は完全に無料ですので、気軽に始めることができます。

 

また、スマホのブラウザからPC版サイトアクセスすれば、株アプリでは応募できないIPOに参加することもできます。
加えて最近の動きで言うと、2016年に「One Tap BUY」という日本初のスマホ専業証券のサービスが開始されました。
このサービスを利用すれば、スマホを使って1,000円から投資を始めることができます。

 

不動産投資

これは少し意外かもしれませんが、不動産投資も今ではスマホで行えるようになっています。
例えば「Renosy投資版」というアプリでは、AIを活用した収入やライフスタイルに応じた投資プランの提案やリスクシミュレーションなどが可能になります。
あるいは「TATERU」というアプリでは、土地探し・アパート建設・賃貸管理の3つをまとめて行うことができます。
もちろん、不動産投資の場合には登記などの手続きが必須ですから、スマホで完結した取引ができるというわけではありませんが、不動産投資がより身近になったことは間違いありません。

 

FXトレード

FXトレードに関しても、現在では多くの方がスマホを使って取引を行っています。
代表的なもので言うと、外為オンラインのスマホアプリがとても多くの方に利用されています。
FXアプリには、2wayプライスボード・チャート&テクニカル・FXニュース・1タップ注文・複数の注文方法・入出金・アラートなど、パソコンとほぼ同等の機能が搭載されています。
この中で特に重要なのがアラート機能で、FXで稼いでいる投資家のほとんどはこのアラート機能を活用していると言われています。

 

このページの先頭へ戻る